ケントビルマネージメントTOP > オーナーの声

オーナーの声

お仕事をお持ちのサラリーマンオーナー T様

私は日中仕事をしている関係上、マンション経営には中々時間を割くことができませんでした。マンションを建てた当時は、まだ景気も良く、空室が出てもそんなに時間がかからず埋まっていました。それがここ2〜3年程前から、空室が出たら中々次の入居者が見つからず、家賃も下がっていく一方でした。
銀行の返済額と家賃収入がほとんど変わらず、このままだと非常にまずいと思い、知り合いのオーナーさんに相談してみました。そこで初めてマンションの管理会社さんとのお付き合いを真剣に考えてみたらどうかとのアドバイスを頂き、色々とつてを頼り探し始めました。
今まで私達は不動産仲介業の方から、リフォームや家賃設定のアドバイスをもらい、素人なりの考えでやっておりましたが、やはり何か違うと感じておりましたところ、アパマンショップの社員さんとお話しする機会がありました。アパマンショップの社員さんの話を聞き、仲介だけではなく管理もやっているとの事でしたので、早速担当者を紹介してもらいました。 その管理の担当者の方から、何故「入居者が決まらないのか」「どうすれば入居希望者が見つかるのか」を順を追って説明してもらい、リフォームの行い方、定期清掃、募集方法、家賃設定の仕方等々の説明を受け、この会社なら大丈夫だと思い、サブリース契約をお願いする事にしました。
ケントさんにお任せしてから1年位ですが、今では、満足するマンション経営を行う事が出来ています。

相続で初めてオーナーになられた S様

10年程前に親からマンションを相続して、2棟 42室を引き継ぎました。
その当時は、遠い親戚に不動産業をしている身内がいたので、全てその方にお任せしていたのですが、空室や滞納問題が常にネックになっておりました。その者に「何故決まらないのか?」と問いただしても、これと言った説明もないまま数年が過ぎ、このままでは駄目だと思い、いつもお客さんを紹介してくれるアパマンさんの営業の人に「何故ウチのマンションは入居者が決まらないのか?」と聞いてみました。初めは本当の理由を話してくれませんでしたが、お店に訪問したりする中で、仲介業者さんから見た「決まらない原因」を教えてもらう事ができました。
早速その原因を管理人に伝え、改善するように伝えたのですが、帰ってきた答えは満足できるものではありませんでした。その管理会社とは縁戚関係でしたが、契約を打ち切り、今ではケントさんに集金管理をお願いしております。
滞納時も立て替え払いをしてもらい、入居率も非常に満足できるものに改善する事ができました。やはり、仲介と管理を同時に行っている会社の強みだとつくづく感心しています。 これからも宜しくお願いします。

築25年を経過したマンションを所有の M様

立地だけは駅前にあるので良いのですが、やはり古くなって空室が目立つようになってきていました。しかし、建て替えるだけの気持ちもないですし、部屋が空く度に家賃を下げての募集を繰り返しておったのですが、平均70%前後の入居率でした。
アパマンショップさんに相談してみたら、『リノベーション』はどうですか?との提案を頂き、早速担当者を紹介してもらう事になりました。
1部屋当たりのリノベーション費用は、普通のリフォームに比べると3倍位になるのですが、空室期間や家賃などを考えた場合、リノベーションを行う事に決めました。 通常は1室60万から70万円位のリフォーム費用に対して、リノベーションの見積もりは210万円でした。
リノベーション+サブリースを組み合わせた委託で、結局年間の手残り額は増やす事ができました。新たに入居された新婚様にもとても喜ばれ、これからも部屋が空く度にリノベーションをお願いしようと考えております。

初めてアパート経営をされる F様

今度初めてアパートを建てる予定です。アパート経営は初めてなので、親戚の者に聞いたところ、アパマンさんを薦められました。一般管理と集金管理、サブリースの3種類ある中で、「妻は新築だから家賃を保証してもらう必要はないのでは?」との意見でしたが、何しろアパート経営は初めてなもので、何かと分らないことだらけだし、ケントさんの勧めるサブリース契約を結ぶことにしました。
契約にあたり、ケントさんからはサブリースのメリット、デメリット。一般管理のメリット、デメリットを長時間丁寧に説明を受け、十分納得した上で契約をすることができました。サブリースは10年契約で募集広告料は最初の1回だけだし、リフォーム代や滞納家賃もケントさんが負担してくれるとの事でしたので、とても安心してアパート経営を行う事ができそうです。
次に2棟目を建てるときは、一般管理にするかもしれませんが、私自身はサブリース契約を選んで正解だったと考えております。

リフォームに悩んでおられた K様

今まではマンションを建ててもらったゼネコンさんに、空き部屋のリフォームをお願いしていました。いわゆる普通のリフォームです。
しかし、最近不動産会社さんのHPを拝見していると、「リノベーション」とか、「デザイナーズリフォーム」と言うフレーズが多く見られるようになったと感じておりました。そこでS建設さんに「デザイナーズリフォームって何?」って聞いてみたのですが、ハッキリ言ってよく知らないのですよね・・・
そこで、アパマンの営業の方に「デザイナーズリフォームって何?」って聞いてみたのです。
すると、アパマンの営業の方からケントさんを紹介してもらい、詳しく聞くことができました。特別住宅設備や間取りを新しくするのでもなく、クロスや床材を変更して、色目やトータル的な雰囲気を「今の消費者の求めるものに変更する事」と言う事でした。
そこで早速見積りだけでもお願いしてみると、費用的にはいつものリフォーム費用より安価で、且つ、すごく斬新な部屋の感じがするイメージパースを持ってこられました。 このパースを見て一目で気に入り、デザイナーズリフォームをお願いする事にしました。 今までは空室が埋まるまでに平均2ヶ月位は掛っていたのですが、なんと募集を始めて1週間で、しかも、まだリフォームが終わっていないのに、イメージパースを見てお客さんが気に入り申込みをされたとの事でした。
ケントさんの営業の方は、皆さんアパマンショップで賃貸の仲介を経験されている方達ばかりなので、お客さんのニーズを的確に捉えておられるなって感じています。それがご縁で今はマンション全体の管理もお願いしています。

プロパティマネージメントとは?リフォームリノベーションホームセキュリティ

サブリースシステム一般管理システム集金管理システム滞納保証システムよくある質問

Copyright(C) kent building management. All rights reserved.